論文誌
[1]  新川 崇, 木谷 友哉, 柴田 直樹, 安本 慶一, 東野 輝夫, 伊藤 実, ``メッセージフェリーと車車間通信を併用した渋滞情報収集システムの情報伝播効率の改善,'' 情報処理学会論文誌, vol. 49, no. 1, pp. 181-198, January 2008.
[2]  中村 嘉隆, 木谷 友哉, 木村 旭, 山口 弘純, 中田 明夫, 東野 輝夫, ``安全な多重帰属制御を実現する VPN 分散管理プロトコルの提案,'' 情報処理学会論文誌, vol. 48, no. 2, pp. 412-421, February 2007.
[3]  木谷 友哉, 高本 佳史, 安本 慶一, 中田 明夫, 東野 輝夫, ``部品のコスト・性能を考慮したリアルタイム組込みシステムの一設計法,'' 電子情報通信学会論文誌(A), vol. J88-A, no. 12, pp. 1487-1496, December 2005.
[4]  木谷 友哉, 舩曵 信生, 東野 輝夫, ``WDMネットワークにおける階層型コーダルリングトポロジ構成法,'' 情報処理学会論文誌, vol. 46, no. 9, pp. 2176-2184, September 2005.
[5]  木谷 友哉, 高本 佳史, 安本 慶一, 中田 明夫, 東野 輝夫, ``実時間制約を含むQoSルータの高信頼性設計の一手法,'' 情報技術レターズ, vol. 2, pp. 347-349, September 2003.
[6]  米津 政隆, 舩曵 信生, 木谷 友哉, 横平 徳美, 中西 透, 東野 輝夫, ``双方向マンハッタンストリートネットワークのノード配置問題に対する階層型近似アルゴリズムの提案,'' 電子情報通信学会論文誌(D-I), vol. J86-D-I, no. 2, pp. 99-107, February 2003.
国際会議
[1]  Tomoya Kitani, Keisuke Nishi, and Teruo Higashino, ``An Algorithm for Assigning Real-Time Tasks with Timing Constraints into Dynamically Reconfigurable Processor,'' In Proceedings of the 3rd International Workshop on Infomatics (IWIN2009), pp. 160-166, September 2009. (Honolulu, HI )
[2]  Tomoya Kitani, Ryo Nakahashi, Khaled El-Fakih, and Teruo Higashino, ``Optimal Assignment of Periodic Real-Time Systems into Dynamically Reconfigurable Processors,'' In Proceedings of the 15th IEEE International Conference on Embedded and Real-Time Computing Systems and Applications (RTCSA 2009), pp. 109-118, August 2009. (Beijing, China, DOI:10.1109/RTCSA.2009.19)
[3]  Tomoya Kitani, Takashi Shinkawa, Naoki Shibata, Keiichi Yasumoto, Minoru Ito, and Teruo Higashino, ``Efficient VANET-Based Traffic Information Sharing Using Buses on Regular Routes,'' In Proceedings of 2008 IEEE 67th Vehicular Technology Conference (VTC2008-Spring), pp. 3031-3036, May 2008. (Singapore、DOI:10.1109/VETECS.2008.326)
[4]  Tomoya Kitani, Nobuo Funabiki, Hirozumi Yamaguchi, and Teruo Higashino, ``Hierarchical Logical Topology in WDM Ring Networks with Limited ADM,'' In Proceedings of the 7th IFIP Networking 2008 (Networking 2008), LNCS 4982, pp. 326-337, May 2008. (Singapore, DOI:10.1007/978-3-540-79549-0_28)
[5]  Naoki Shibata, Takashi Terauchi, Tomoya Kitani, Keiichi Yasumoto, Minoru Ito, and Teruo Higashino, ``A Method for Sharing Traffic Jam Information Using Inter-Vehicle Communication,'' In Proceedings of the 2nd International Workshop on Vehicle-to-Vehicle Communications (V2VCOM) (Mobiquitous 2006 Workshops), pp. 1-7, July 2006. ([Invited paper], San Jose, CA, DOI:10.1109/MOBIQ.2006.340428)
[6]  Takashi Shinkawa, Takashi Terauchi, Tomoya Kitani, Naoki Shibata, Keiichi Yasumoto, Minoru Ito, and Teruo Higashino, ``A Technique for Information Sharing Using Inter-Vehicle Communication with Message Ferrying,'' In Proceedings of the 2006 International Workshop on Future Mobile and Ubiquitous Information Technologies (FMUIT'06) (MDM 2006 Workshops), pp. 221-225, May 2006. (Nara, Japan, DOI:10.1109/MDM.2006.23)
[7]  Tomoya Kitani, Yoshifumi Takamoto, Keiichi Yasumoto, Akio Nakata, and Teruo Higashino, ``A Flexible and High-Reliable HW / SW Co-Design Method for Real-Time Embedded Systems,'' In Proceedings of the 25th IEEE International Real-Time Systems Symposium (RTSS2004), pp. 437-446, December 2004. (Lisbon, Portugal, DOI:10.1109/REAL.2004.6)
[8]  Tomoya Kitani, Nobuo Funabiki, and Teruo Higashino, ``Proposal of Hierarchical Chordal Ring Network Topology for WDM Networks,'' In Proceedings of the IEEE International Conference on Networks 2004 (ICON2004), pp. 605-609, November 2004. (Singapore, DOI:10.1109/ICON.2004.1409241)
[9]  Tomoya Kitani, Masataka Yonedu, Nobuo Funabiki, Toru Nakanishi, Kiyohiko Okayama, and Teruo Higashino, ``A Two-Stage Hierarchical Algorithm for Wavelength Assignment in Wdm-Based Bidirectional Manhattan Street Networks,'' In Proceedings of the 11th IEEE International Conference on Networks (ICON2003), pp. 417-424, September 2003. (Sydney, Australia, DOI:10.1109/ICON.2003.1266227 )
[10]  Tomoya Kitani, Yoshifumi Takamoto, Isao Naka, Keiichi Yasumoto, Akio Nakata, and Teruo Higashino, ``Design and Implementation of Priority Queuing Mechanism on FPGA Using Concurrent Periodic EFSMs and Parametric Model Checking,'' In Proceedings of the 13th International Conference on Field Programmable Logic and Applications (FPL2003), pp. 1145-1148, September 2003. (Lisbon, Portugal, DOI:10.1007/978-3-540-45234-8_140)
研究会等
[1]  西 圭祐, 木谷 友哉, 中田 明夫, 東野 輝夫, ``再構成オーバヘッドを考慮した動的再構成可能プロセッサへの実時間タスク群分割実装アルゴリズムの提案,'' 情報処理学会研究報告, vol. 2008, no. 32, pp. 179-184, March 2008. (屋久島 環境文化村センター(鹿児島県屋久島町))
[2]  林 大輔, 村井 渉, 中田 明夫, 木谷 友哉, 安本 慶一, 東野 輝夫, ``ネットワークオンチップにおける回路面積と配線コストを考慮したチップ内通信構造最適化の一手法,'' 電子情報通信学会技術研究報告, vol. 107, no. 333, pp. 1-6, November 2007. (北九州国際会議場(北九州市))
[3]  木谷 友哉, 寺内 隆志, 柴田 直樹, 安本 慶一, 東野 輝夫, 伊藤 実, ``車車間通信を用いた渋滞情報収集と目的地への到着時刻予測手法の提案,'' 情報処理学会 マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO2007)シンポジウム論文集, pp. 88-95, July 2007. (戸田屋(三重県鳥羽市))
[4]  木谷 友哉, 舩曵 信生, 東野 輝夫, ``メッシュ型物理トポロジのマルチホップWDMネットワークでの階層型コーダルリングネットワーク構築法の検討,'' 電子情報通信学会技術研究報告, vol. 107, no. 36, pp. 7-12, May 2007. (大阪大学(大阪府吹田市))
[5]  木谷 友哉, 中橋 亮, 中田 明夫, 安本 慶一, 東野 輝夫, ``動的リコンフィギャラブルプロセッサへの時間制約付き機能モジュール群分割アルゴリズムの検討,'' 情報処理学会研究報告, vol. 2007, no. 27, pp. 47-52, March 2007. (広島市立大学(広島市))
[6]  村井 渉, 林 大輔, 中田 明夫, 木谷 友哉, 安本 慶一, 東野 輝夫, ``チップ内ネットワークの性能要求検証および最適化のための一手法,'' 情報処理学会研究報告, vol. 2007, no. 27, pp. 25-30, March 2007. (広島市立大学(広島市))
[7]  中橋 亮, 木谷 友哉, 安本 慶一, 中田 明夫, 東野 輝夫, ``ユビキタスシステムを動的リコンフィギャラブルプロセッサ上へ実装するためのシステム分割アルゴリズムの提案,'' 情報処理学会 マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO2006)シンポジウム論文集, pp. 889-892, July 2006. (琴平温泉(香川県琴平町))
[8]  新川 崇, 寺内 隆志, 木谷 友哉, 柴田 直樹, 安本 慶一, 東野 輝夫, 伊藤 実, ``車車間通信を用いた渋滞情報収集システムにおける情報伝播方法の改善,'' 情報処理学会 マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO2006)シンポジウム論文集, pp. 225-228, July 2006. (琴平温泉(香川県琴平町))
[9]  木谷 友哉, 中村 嘉隆, 木村 旭, 山口 弘純, 中田 明夫, 東野 輝夫, ``動的な多重帰属制御を実現するポリシーに基づいた VPN 分散管理手法の提案,'' 情報処理学会 マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO2006)シンポジウム論文集, pp. 721-724, July 2006. (琴平温泉(香川県琴平町))
[10]  木谷 友哉, 舩曵 信生, 東野 輝夫, ``トポロジの多重化によりトラヒック分散を実現した階層型論理トポロジの構成法とそのルーティングアルゴリズム,'' 電子情報通信学会技術研究報告, vol. 106, no. 117, pp. 13-16, June 2006. ([奨励講演], 岩手県立大学(岩手県滝沢村))
[11]  木谷 友哉, 舩曵 信生, 東野 輝夫, ``階層型コーダルリングネットワークにおけるコンパクトルーティングアルゴリズム,'' 電子情報通信学会技術研究報告, vol. 105, no. 470, pp. 49-56, December 2005. (愛媛大学(松山市))
[12]  中橋 亮, 木谷 友哉, 安本 慶一, 中田 明夫, 東野 輝夫, ``リアルタイム組込みシステムの動的再構成可能プロセッサへの一実装方法の提案,'' 電子情報通信学会技術研究報告, vol. 105, no. 450, pp. 31-35, November 2005. (北九州国際会議場(北九州市))
[13]  木谷 友哉, 舩曵 信生, 東野 輝夫, ``マルチホップ WDM ネットワークにおけるトラヒック分散のための静的トポロジ構成法の改善,'' 電子情報通信学会技術研究報告, vol. 105, no. 195, pp. 61-64, July 2005. (岡山大学(岡山市))
[14]  木谷 友哉, 舩曵 信生, 東野 輝夫, ``WDMネットワークでの階層型コーダルリングトポロジ構成法の提案,'' 情報処理学会 マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO2004)シンポジウム論文集, pp. 17-20, July 2004. (雲仙温泉(長崎県雲仙市))
[15]  高本 佳史, 木谷 友哉, 安本 慶一, 中田 明夫, 東野 輝夫, ``実時間通信システムに対する高信頼ハードウェア合成手法の提案,'' 情報処理学会研究報告, vol. 2003, no. 120, pp. 61-66, November 2003. (北九州国際会議場(北九州市))
[16]  木谷 友哉, 高本 佳史, 安本 慶一, 中田 明夫, 東野 輝夫, ``並行周期EFSM群でモデル化されたQoSルータの高信頼性設計の一手法,'' 情報処理学会研究報告, vol. 2003, no. 34, pp. 13-18, March 2003. (NTTドコモR&Dセンタ(神奈川県横須賀市))
受賞
[1]  木谷 友哉, 舩曵 信生, 東野 輝夫, 優秀論文賞, 情報処理学会 マルチメディア,分散,協調とモバイル (DICOMO2004) シンポジウム, 情報処理学会 マルチメディア,分散,協調とモバイル (DICOMO2004) シンポジウム, 2004.

This site is maintained by Tomoya Kitani.

PMAN 2.5.6 - Paper MANagement system / (C) 2002-2008, Osamu Mizuno / All rights reserved.