Generated by
論文誌
[1]  Yasuhiro Ikeda, Hiroyuki Hatano, Masahiro Fujii, Atsushi Ito, Yu Watanabe, Tomoya Kitani, Toru Aoki, and Hironobu Onishi, ``Distance Sensor Assistance to Gps Positioning,'' IARIA International Journal on Advances in Networks and Services, vol. 8, no. 3 & 4, pp. 215-225, December 2015.
[2]  Hiroyuki Hatano, Tomoya Kitani, Masahiro Fujii, Atsushi Ito, Yu Watanabe, Hironobu Onishi, and Toru Aoki, ``Positioning Method by Two GNSS Satellites and Distance Sensor in Urban Area,'' IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences , vol. E98-A, no. 1, pp. 275-283, January 2015.
[3]  木谷 友哉, 澤 悠太, 柴田 直樹, 安本 慶一, 伊藤 実, ``運転者に対する交通安全支援のための指向性アンテナおよび車車間通信を用いた歩行者の位置推定手法,'' 情報処理学会論文誌数理モデル化と応用(TOM), vol. 7, no. 2, pp. 74-85, November 2014.
[4]  孫 為華, 柴田 直樹, 木谷 友哉, 松尾 真也, 伊藤 実, ``BalloonNet: 無線ネットワークノードを用いた建物包囲型三次元配置手法,'' 情報処理学会論文誌, vol. 55, no. 8, pp. 1743-1752, August 2014.
[5]  Masaya Yoshida, Tomoya Kitani, Masaki Bandai, Takashi Watanabe, Pai Chou, and Winston Khoon Guan Seah, ``Probabilistic Data Collection Protocols for Energy Harvesting Wireless Sensor Network,'' International Journal of Ad Hoc and Ubiquitous Computing (IJAHUC), vol. 11, no. 2/3, pp. 82--96, 2012.
[6]  小谷 和也, 孫 為華, 木谷 友哉, 柴田 直樹, 安本 慶一, 伊藤 実, ``交差点鳥瞰映像の協調撮影と共有を目的とした車車間通信プロトコル,'' 情報処理学会論文誌, vol. 52, no. 6, pp. 1980-1992, June 2011.
[7]  Yoshiaki Taniguchi, Tomoya Kitani, and Kenji Leibnitz, ``A Uniform Airdrop Deployment Method for Large-Scale Wireless Sensor Networks,'' International Journal of Sensor Networks (IJSNet), vol. 9, no. 3/4, pp. 182-191, May 2011.
[8]  吉田 将也, 木谷 友哉, 萬代 雅希, 渡辺 尚 , ``環境発電によって電力供給を行うセンサネットワークでのデータ収集方式,'' 情報処理学会論文誌, vol. 52, no. 3, pp. 997-1009, March 2011.
[9]  Asaad Ahmed, Keiichi Yasumoto, Minoru Ito, Naoki Shibata, and Tomoya Kitani, ``HDAR: Highly Distributed Adaptive Service Replication for MANETs,'' IEICE Transasction on Information and Systems, vol. E94-D, no. 1, pp. 91-103, January 2011.
[10]  Yu Takada, Masaki Bandai, Tomoya Kitani, and Takashi Watanabe, ``Cooperative Data Buffering with Mobile Sinks for Wireless Multimedia Sensor Network,'' Journal of Information Processing, vol. 18, pp. 96-109, March 2010.
[11]  西川 博志, 山本 眞也, 玉井 森彦, 西垣 弘二, 木谷 友哉, 柴田 直樹, 安本 慶一, 伊藤 実, ``仮想空間を用いたスマートスペースアプリケーション向けシミュレータ,'' 情報処理学会論文誌, vol. 49, no. 2, pp. 774-785, February 2008.
[12]  新川 崇, 木谷 友哉, 柴田 直樹, 安本 慶一, 東野 輝夫, 伊藤 実, ``メッセージフェリーと車車間通信を併用した渋滞情報収集システムの情報伝播効率の改善,'' 情報処理学会論文誌, vol. 49, no. 1, pp. 181-198, January 2008.
[13]  中村 嘉隆, 木谷 友哉, 木村 旭, 山口 弘純, 中田 明夫, 東野 輝夫, ``安全な多重帰属制御を実現する VPN 分散管理プロトコルの提案,'' 情報処理学会論文誌, vol. 48, no. 2, pp. 412-421, February 2007.
[14]  木谷 友哉, 高本 佳史, 安本 慶一, 中田 明夫, 東野 輝夫, ``部品のコスト・性能を考慮したリアルタイム組込みシステムの一設計法,'' 電子情報通信学会論文誌(A), vol. J88-A, no. 12, pp. 1487-1496, December 2005.
[15]  木谷 友哉, 舩曵 信生, 東野 輝夫, ``WDMネットワークにおける階層型コーダルリングトポロジ構成法,'' 情報処理学会論文誌, vol. 46, no. 9, pp. 2176-2184, September 2005.
[16]  木谷 友哉, 高本 佳史, 安本 慶一, 中田 明夫, 東野 輝夫, ``実時間制約を含むQoSルータの高信頼性設計の一手法,'' 情報技術レターズ, vol. 2, pp. 347-349, September 2003.
[17]  米津 政隆, 舩曵 信生, 木谷 友哉, 横平 徳美, 中西 透, 東野 輝夫, ``双方向マンハッタンストリートネットワークのノード配置問題に対する階層型近似アルゴリズムの提案,'' 電子情報通信学会論文誌(D-I), vol. J86-D-I, no. 2, pp. 99-107, February 2003.
国際会議
[1]  Tiphat Areeyapinun and Tomoya Kitani, ``A Prototype of a Precision Forecasting System for Real-Time Navigation with {Rtk-Gnss},'' In Proceedings of International Workshop on Informatics (IWIN2017), pp. 193-200, September 2017. (Hotel Dubrovnik, Zagreb, Croatia)
[2]  Tomoya Kitani, ``Bikeinformatics: a Sensing Infrastructure with Two-Wheel Vehicles and Its Application for Intelligent Transportation System with Information Science and Technologies,'' In Proceedings of the 2016 Bicycle and Motorcycle Dynamics Conference (BMD2016MKE), vol. figshare, no. 3976569, pp. 1-12, September 2016. (University of Wisconsin at Milwaukee, https://dx.doi.org/10.6084/m9.figshare.3976569.v2)
[3]  Hiroki Masano and Tomoya Kitani, ``A Framework to Generate Mobility Traces with Public Travel Survey and Its Application to Evaluation of Wi-Fi Offloading with Vehicles,'' In Proceedings of International Workshop on Informatics (IWIN2016), pp. 97-102, August 2016. (Avalon Hotel, Riga, Latvia)
[4]  Yasuhiro Ikeda, Hiroyuki Hatano, Masahiro Fujii, Atsushi Ito, Yu Watanabe, Tomoya Kitani, Toru Aoki, and Hironobu Onishi, ``A Study on GPS Positioning Method with Assistance of a Distance Sensor,'' In Proceedings of the 14th International Conference on Networks (ICN 2015), pp. 109-114, April 2015. (Barcelona, Spain)
[5]  Tomoya Kitani, Hiroyuki Hatano, Masahiro Fujii, Atsushi Ito, and Yu Watanabe, ``A Cooperative GPS/ GNSS Positioning Method with Neighboring Receivers,'' In Proceedings of International Workshop on Informatics (IWIN2014), pp. 145-153, September 2014. (Prague, Czech)
[6]  Tsukasa Kamimura, Tomoya Kitani, and Daniel L. Kovacs, ``Automatic Classification of Motorcycle Motion Sensing Data,'' In Proceedings of 2014 IEEE International Conference on Consumer Electronics - Taiwan (2014 IEEE ICCE-TW), pp. 145-146, May 2014. (Taipei, Taiwan)
[7]  Tomoya Kitani, ``A Prototype of a Vehicle-Motion Sensing System with a Smartphone and Dedicated Sensing Devices,'' In Proceedings of the 2nd International Symposium on Dynamics and Control of Single Track Vehicles (BMD: Bicycle and Motorcycle Dynamics 2013), pp. 68-69, November 2013.
[8]  Hiroyuki Hatano, Tomoya Kitani, Masahiro Fujii, Yu Watanabe, and Hironobu Onishi, ``A Helpful Positioning Method with Two Gnss Satellites in Urban Area,'' In Proceedings of The Third International Conference on Mobile Services, Resources, and Users (MOBILITY 2013), pp. 41-46, November 2013. (Location: Lisbon, Portugal Dates: from November 17, 2013 to November 21, 2013 )
[9]  Shinya Matsuo, Weihua Sun, Naoki Shibata, Tomoya Kitani, and Minoru Ito, ``Balloonnet: a Deploying Method for a Three-Dimensional Wireless Network Surrounding a Building,'' In Proceedings of 2013 Eighth International Conference on Broadband and Wireless Computing, Communication and Applications (BWCCA 2013), pp. 120-127 , October 2013. (Compiegne, 28-30 Oct. 2013 )
[10]  Masato Nakamura, Tomoya Kitani, Weihua Sun, Naoki Shibata, Keiichi Yasumoto, and Minoru Ito, ``A Method for Information Delivery in Vanet with Scheduled Routes of Vehicles,'' In Proceedings of International Workshop on Informatics (IWIN2013), pp. 201-207, September 2013.
[11]  Tomoya Kitani and Akichika Shiomi, ``[Invited Talk] Intelligent Transportation Systems for Motorcycle with Motion Sensors and Wireless Communication,'' In Proceedings of the 13th International Young Scientists Conference Optics and High Technology Material Science (SPO2012), October 2012. (Kiev, Ukraine)
[12]  Tomoya Kitani, Akihito Miyazawa, Tsukasa Kamimura, Akichika Shiomi, and Takashi Watanabe, ``A Motion Sensing System to Grasp a Motorcycle's Behavior with Sensors as Mounted on a Smartphone,'' In Proceedings of International Workshop on Informatics (IWIN2012), pp. 115-120, September 2012.
[13]  Tsukasa Kamimura, Tomoya Kitani, and Takashi Watanabe, ``A System to Comprehend a Motorcycle's Behavior Using the Acceleration and Gyro Sensors on a Smartphone,'' In Proceedings of the 11th International Conference on Global Research and Education (Inter-Academia 2012), pp. 405-414, August 2012. (Budapest, Hungary)
[14]  Masaya Yoshida, Tomoya Kitani, Masaki Bandai, Takashi Watanabe, Pai Chou, and Winston Khoon Guan Seah, ``Probabilistic Data Collection Protocols for Energy Harvesting Sensor Networks,'' In Proceedings of IEEE 36th Conference on Local Computer Networks (LCN2011), pp. 366-373, October 2011. (Bonn, Germany)
[15]  Teruhisa Ichikawa, Kiminobu Kodama, and Tomoya Kitani, ``A Study of Effectiveness Evaluation in Information Systems,'' In Proceedings of International Workshop on Informatics (IWIN2011), pp. 3-9, September 2011.
[16]  Teruhisa Ichikawa and Tomoya Kitani, ``A Consideration for New Employee Education by the Industry-University Cooperation,'' In Proceedings of Knowledge-Based Intelligent Information & Engineering Systems 2011 (KES2011), no. 3, pp. 134-143, September 2011. (Kaiserslautern, Germany)
[17]  Tomoya Kitani and Yoshitaka Nakamura, ``Evaluation of a Novel Space Filling Curve and Its Application to the P2P Overlay Network,'' In Proceedings of International Workshop on Informatics (IWIN2010), pp. 178-183, September 2010. (Edinburgh, UK)
[18]  Masato Nakamura, Tomoya Kitani, Weihua Sun, Naoki Shibata, Keiichi Yasumoto, and Minoru Ito, ``A Method for Improving Data Delivery Efficiency in Delay Tolerant Vanet with Scheduled Routes of Cars,'' In Proceedings of the 7th IEEE Consumer Communications and Networking Conference (CCNC2010), pp. 1009-1013 , January 2010. (Las Vegas, NV, DOI:10.1109/CCNC.2010.5421646)
[19]  Kazuya Kotani, Weihua Sun, Tomoya Kitani, Naoki Shibata, Keiichi Yasumoto, and Minoru Ito, ``Inter-Vehicle Communication Protocol for Cooperatively Capturing and Sharing Intersection Video,'' In Proceedings of the 7th IEEE Consumer Communications and Networking Conference (CCNC2010), pp. 958-962 , January 2010. (Las Vegas, NV, DOI:10.1109/CCNC.2010.5421635)
[20]  Asaad Ahmed, Keiichi Yasumoto, Naoki Shibata, Tomoya Kitani, and Minoru Ito, ``DAR: Distributed Adaptive Service Replication for MANETs,'' In Proceedings of 5th IEEE International Conference on Wireless and Mobile Computing, Networking and Communications (WiMob'2009), pp. 91-97, October 2009. (Marrakesh, Morocco, DOI:10.1109/WiMob.2009.25)
[21]  Tomoya Kitani, Keisuke Nishi, and Teruo Higashino, ``An Algorithm for Assigning Real-Time Tasks with Timing Constraints into Dynamically Reconfigurable Processor,'' In Proceedings of the 3rd International Workshop on Infomatics (IWIN2009), pp. 160-166, September 2009. (Honolulu, HI )
[22]  Tomoya Kitani, Ryo Nakahashi, Khaled El-Fakih, and Teruo Higashino, ``Optimal Assignment of Periodic Real-Time Systems into Dynamically Reconfigurable Processors,'' In Proceedings of the 15th IEEE International Conference on Embedded and Real-Time Computing Systems and Applications (RTCSA 2009), pp. 109-118, August 2009. (Beijing, China, DOI:10.1109/RTCSA.2009.19)
[23]  Tomoya Kitani and Yoshitaka Nakamura, ``A Configuration Method for Structured P2P Overlay Network Considering Delay Variations,'' In Proceedings of 2009 International Conference on Network-Based Information Systems (NBiS 2009), pp. 547-552, August 2009. (Indianapolis, IN, DOI:10.1109/NBiS.2009.99 )
[24]  Naoya Kouyama, Kota Kiyokawa, Shinya Yamamoto, Tomoya Kitani, Naoki Shibata, Keiichi Yasumoto, and Minoru Ito, ``A Support Tool for Developing Smart-Space Applications with 3D Virtual Space,'' In Proceedings of the 7th International Conference on Pervasive Computing (Pervasive 2009), pp. 233-236, April 2009. ([Demonstration], Nara, Japan)
[25]  Yoshiaki Taniguchi, Tomoya Kitani, and Kenji Leibnitz, ``An Airdrop Deployment Method for Sensor Nodes with Coordinated Gliding and Falling,'' In Proceedings of Workshop on Sensor Networks for Earth and Space Science Applications (ESSA 2009) (IPSN 2009 Workshop), pp. 41-48, April 2009. (San Francisco, CA)
[26]  Sho Kuroiwa, Yoshihiro Murata, Tomoya Kitani, Keiichi Yasumoto, and Minoru Ito, ``A Method for Assigning Men and Women with Good Affinity to Matchmaking Parties Through Interactive Evolutionary Computation,'' In Proceedings of the 7th International Conference on Simulated Evolution And Learning (SEAL'08), LNCS 5361, pp. 645-655, December 2008. (Melbourne, Australia, DOI:10.1007/978-3-540-89694-4_65 )
[27]  Yuta Sawa, Tomoya Kitani, Naoki Shibata, Keiichi Yasumoto, and Minoru Ito, ``A Method for Pedestrian Position Estimation Using Inter-Vehicle Communication,'' In Proceedings of the 3rd IEEE Workshop on Automotive Networking and Applications (AutoNet 2008), (2008 IEEE GLOBECOM Workshops), pp. 1-6, December 2008. (New Orleans, LO, DOI:10.1109/GLOCOMW.2008.ECP.57)
[28]  Tomoya Kitani, Takashi Shinkawa, Naoki Shibata, Keiichi Yasumoto, Minoru Ito, and Teruo Higashino, ``Efficient VANET-Based Traffic Information Sharing Using Buses on Regular Routes,'' In Proceedings of 2008 IEEE 67th Vehicular Technology Conference (VTC2008-Spring), pp. 3031-3036, May 2008. (Singapore、DOI:10.1109/VETECS.2008.326)
[29]  Tomoya Kitani, Nobuo Funabiki, Hirozumi Yamaguchi, and Teruo Higashino, ``Hierarchical Logical Topology in WDM Ring Networks with Limited ADM,'' In Proceedings of the 7th IFIP Networking 2008 (Networking 2008), LNCS 4982, pp. 326-337, May 2008. (Singapore, DOI:10.1007/978-3-540-79549-0_28)
[30]  Hiroshi Nishikawa, Shinya Yamamoto, Morihiko Tamai, Koji Nishigaki, Tomoya Kitani, Naoki Shibata, Keiichi Yasumoto, and Minoru Ito, ``UbiREAL: Realistic Smartspace Simulator for Systematic Testing,'' In Proceedings of the 8th International Conference on Ubiquitous Computing (UbiComp2006), LNCS 4206, pp. 459-476, September 2006. (Orange County, CA, DOI:10.1007/11853565_27)
[31]  Naoki Shibata, Takashi Terauchi, Tomoya Kitani, Keiichi Yasumoto, Minoru Ito, and Teruo Higashino, ``A Method for Sharing Traffic Jam Information Using Inter-Vehicle Communication,'' In Proceedings of the 2nd International Workshop on Vehicle-to-Vehicle Communications (V2VCOM) (Mobiquitous 2006 Workshops), pp. 1-7, July 2006. ([Invited paper], San Jose, CA, DOI:10.1109/MOBIQ.2006.340428)
[32]  Takashi Shinkawa, Takashi Terauchi, Tomoya Kitani, Naoki Shibata, Keiichi Yasumoto, Minoru Ito, and Teruo Higashino, ``A Technique for Information Sharing Using Inter-Vehicle Communication with Message Ferrying,'' In Proceedings of the 2006 International Workshop on Future Mobile and Ubiquitous Information Technologies (FMUIT'06) (MDM 2006 Workshops), pp. 221-225, May 2006. (Nara, Japan, DOI:10.1109/MDM.2006.23)
[33]  Tomoya Kitani, Yoshifumi Takamoto, Keiichi Yasumoto, Akio Nakata, and Teruo Higashino, ``A Flexible and High-Reliable HW / SW Co-Design Method for Real-Time Embedded Systems,'' In Proceedings of the 25th IEEE International Real-Time Systems Symposium (RTSS2004), pp. 437-446, December 2004. (Lisbon, Portugal, DOI:10.1109/REAL.2004.6)
[34]  Tomoya Kitani, Nobuo Funabiki, and Teruo Higashino, ``Proposal of Hierarchical Chordal Ring Network Topology for WDM Networks,'' In Proceedings of the IEEE International Conference on Networks 2004 (ICON2004), pp. 605-609, November 2004. (Singapore, DOI:10.1109/ICON.2004.1409241)
[35]  Tomoya Kitani, Masataka Yonedu, Nobuo Funabiki, Toru Nakanishi, Kiyohiko Okayama, and Teruo Higashino, ``A Two-Stage Hierarchical Algorithm for Wavelength Assignment in Wdm-Based Bidirectional Manhattan Street Networks,'' In Proceedings of the 11th IEEE International Conference on Networks (ICON2003), pp. 417-424, September 2003. (Sydney, Australia, DOI:10.1109/ICON.2003.1266227 )
[36]  Tomoya Kitani, Yoshifumi Takamoto, Isao Naka, Keiichi Yasumoto, Akio Nakata, and Teruo Higashino, ``Design and Implementation of Priority Queuing Mechanism on FPGA Using Concurrent Periodic EFSMs and Parametric Model Checking,'' In Proceedings of the 13th International Conference on Field Programmable Logic and Applications (FPL2003), pp. 1145-1148, September 2003. (Lisbon, Portugal, DOI:10.1007/978-3-540-45234-8_140)
国内会議
[1]  木谷 友哉, 走行する二輪車で創るセンシング基盤, 2017.
[2]  木谷 友哉, ``二輪車研究への情報科学の応用:Bikeinformatics 二輪車情報学,'' 第60回システム制御情報学会研究発表講演会 講演論文集, no. 151-1, pp. 1-6, May 2016.
研究会等
[1]  中村 洋輔, 羽多野 裕之, 木谷 友哉, ``近接受信機における使用衛星情報の共有による測位誤差低減手法の一検討,'' 電子情報通信学会総合大会講演論文集, vol. 2018, p. 118, March 2018.
[2]  荒井 美歩, 羽多野 裕之, 木谷 友哉, ``基準局における測位誤差発生具合に基づく補正手法に関する一検討,'' 電子情報通信学会総合大会講演論文集, vol. 2018, p. 167, March 2018.
[3]  中村 扶, 鈴木 郁矢, 木谷 友哉, 自動二輪車単独転倒時におけるライダー身体の運動センシングデータに関する調査, 2017.
[4]  仲秋 喬介, Tiphat Areeyapinum, 太田 拓伸, 木谷 友哉, 次世代高精度衛星測位における未来の任意の地点での測位精度予測指標の提案と評価, 2017.
[5]  安藤 隆史, 成嶌 智弘, 仲秋 喬介, 木谷 友哉, 倒立振子型二輪PMVの走行挙動を解析するための移動経路と運動データの収集, 2017.
[6]  仲秋 喬介, Tiphat Areeyapinun, 太田 拓伸, 木谷 友哉, ``RTK-GNSS精度予測のための精度指標の評価結果,'' GPS/GNSS シンポジウム 2017, p. 202, November 2017.
[7]  木谷 友哉, 石川 翔吾, ``J03 情報社会学科プログラミング講義の実施状況報告(ポスターセッション : ジュニア部門),'' 発表予稿集 : 情報学シンポジウム, vol. 2017, p. 7, October 2017. (静岡大学浜松キャンパス)
[8]  松並 拓弥, 中村 扶, 木谷 友哉, ``J10 Imageセンサを用いた路面正常計測(ポスターセッション : ジュニア部門),'' 発表予稿集 : 情報学シンポジウム, vol. 2017, p. 10, October 2017. (静岡大学浜松キャンパス)
[9]  成嶌 智弘, 安藤 隆史, 仲秋 喬介, 木谷 友哉, ``S29 cm級測位装置を用いた屋外におけるPMV経路ナビゲーションシステムの実装と評価(ポスターセッション : シニア部門),'' 発表予稿集 : 情報学シンポジウム, vol. 2017, p. 27, October 2017. (静岡大学浜松キャンパス)
[10]  杉浦 健介, 木谷 友哉, ``衛星測位情報と自動二輪車の車体運動センシングデータによる姿勢角推定手法,'' 自動車技術会 2017年春季大会 学術講演会 講演予稿集, pp. 472-476, May 2017. (パシフィコ横浜,横浜市)
[11]  景山 一郎, 栗谷川 幸代, 渡邉 博信, 原口 哲之理, 小林 ゆき, 宇田 真, 平澤 順治, 木谷 友哉, 宮岸 俊一, 木村 哲也, ``タイヤ特性が二輪車の運動に与える影響に関する研究,'' 自動車技術会 2017年春季大会 学術講演会 講演予稿集, pp. 488-493, May 2017. (パシフィコ横浜,横浜市)
[12]  山形 英輝,木谷 友哉, ``移動予定経路情報を用いた空間的モバイルデータオフローディング手法の提案,'' 情報処理学会研究報告, vol. 2017-ITS-68, no. 13, pp. 1-9, March 2017. (公立はこだて未来大学(函館市))
[13]  太田 拓伸, 木谷 友哉, ``衛星測位システムの搬送波位相を用いた二輪車車体姿勢角推定手法の検討,'' 情報処理学会全国大会講演論文集, vol. 79, no. 3V-02, pp. 1-2, March 2017. (名古屋大学)
[14]  宮崎 雄也,菱本 圭亮,木谷 友哉, ``二輪車の障害物回避動作検出による路面損傷位置推定手法,'' 情報処理学会研究報告, vol. 2017-ITS-68, no. 6, pp. 1-9, February 2017. (公立はこだて未来大学(函館市))
[15]  菱本 圭亮,宮崎 雄也,木谷 友哉, ``二輪車車体運動センシングデータを用いた路面段差の検出と評価方法,'' 情報処理学会研究報告, vol. 2017-ITS-68, no. 7, pp. 1-8, February 2017. (公立はこだて未来大学(函館市))
[16]  田中 良樹, 松澤 芳昭, 木谷 友哉, 酒井 三四郎, ``Hanabi:プログラミング教育改善のための横断的フィルタ機能を有するダッシュボード,'' 情報処理学会研究報告, vol. 2017-CE-139, no. 23, pp. 1-8, February 2017.
[17]  木村 駿, 羽多野 裕之, 藤井 雅弘, 伊藤 篤, 渡辺 裕, 木谷 友哉, ``二輪車の移動軌跡補正のための走行データによる挙動分類手法の一検討,'' 電子情報通信学会信学技報, vol. 116, no. 463, ITS2016-74, pp. 405-410, February 2017.
[18]  木谷 友哉, 自動二輪車分野への情報学の援用:二輪車情報学 Bikeinformatics, 2016.
[19]  Tiphat Areeyapinun, Tomoya Kitani, ``A Prototype of Low-Cost Components for a Local Precision Positioning Environment with Rtk-Gnss,'' GPS/GNSSシンポジウム2016, p. 298, October 2016.
[20]  太田 拓伸, 木谷 友哉, ``搬送波位相を用いた二輪車車体姿勢角の推定に関する研究,'' GPS/GNSSシンポジウム2016, p. 305, October 2016.
[21]  木谷 友哉, ``二輪車情報学 Bikeinformatics〜自動二輪車によるセンシングデータの収集基盤の構築と課題〜,'' SWEST 組込みシステム技術に関するサマーワークショップ予稿集, no. 基調講演, pp. 1-67, August 2016. (岐阜県下呂市,水明館)
[22]  政野 博紀, 木谷 友哉, ``パーソントリップデータをもとにしたモビリティデータ作成フレームワークとWi-Fiオフローディング評価への適用,'' 情報処理学会 マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO2016)シンポジウム論文集, pp. 910-918, July 2016. (三重県鳥羽市,鳥羽シーサイドホテル)
[23]  木谷 友哉, ``自動二輪車を用いたセンシング環境と高精度測位都市・浜松の実現に向けた取り組み,'' 産学連携学会 第14回大会 講演論文, no. 0617C1445-6, pp. 1-2, June 2016. (アクトシティ浜松,浜松市)
[24]  木谷 友哉, 杉浦 健介, ``一般フィールドにおける二輪車の車体運動と移動経路の計測システムの開発,'' 自動車技術会 2016年春季大会 学術講演会 講演予稿集, pp. 1345-1349, May 2016. (パシフィコ横浜,横浜市)
[25]  伊藤 亜依子, 横山 昌平, 木谷 友哉, ``大規模二輪車プローブデータ収集のためのデータベースの設計,'' 第8回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(第14回日本データベース学会年次大会)(DEIM Forum 2016)予稿集, no. H7-4, pp. 1-6, March 2016.
[26]  杉浦 健介, 木谷 友哉, ``衛星測位情報を用いた自動二輪車の運動センシングデータの補正手法の一検討,'' 情報処理学会全国大会講演論文集, vol. 78, no. 1U-08, pp. 1-2, March 2016.
[27]  政野 博紀, 木谷 友哉, 峰野 博史, ``VANETによるモバイルデータオフローディング遅延時間について東京都市圏の実情報を用いた評価,'' 情報処理学会全国大会講演論文集, vol. 78, no. 2U-01, March 2016.
[28]  Tomoya Kitani, Introduction of My Project, Bikeinformatics, and Gnss Reference Stations at Hamamatsu, 2015.
[29]  政野 博紀, 木谷 友哉, ``人の流れデータと交通流シミュレータを用いた現実的な交通流データ作成方法の基礎検証,'' 人の流れ研究会ワンデイチュートリアルxUDC2015, 未刊行, September 2015. (東京大学駒場第IIキャンパス 生産技術研究所)
[30]  伊藤 亜依子, 大庭 健太, 宮 雄也, 木谷 友哉, ``二輪車車体センシングデータ解析のための研究者向けデータベースとデータ可視化ツールの設計,'' 情報処理学会研究報告, vol. 2015-ITS-62, no. 4, pp. 1-6, August 2015. (稚内北星学園大学(北海道稚内市))
[31]  久保田 恭輔, 木谷 友哉, ``安価な運動センサを用いた二輪車車体姿勢角推定手法の提案,'' 情報処理学会 マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO2015)シンポジウム論文集, pp. 272-278, July 2015. (ホテル安比グランド, 岩手県安比高原)
[32]  宮崎 雄也, 神村 吏, 菱本 圭亮, 木谷 友哉, ``二輪車車体運動センシングデータを用いた路面損傷箇所の検出手法の提案,'' 情報処理学会 マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO2015)シンポジウム論文集, pp. 1350-1358, July 2015. (ホテル安比グランド, 岩手県安比高原)
[33]  木谷 友哉, ``複数の運動センサと測位装置のみを用いた二輪車の車体運動計測手法の基礎検討,'' 自動車技術会 2015年春季大会 学術講演会 講演予稿集, pp. 1995-2000, May 2015. (パシフィコ横浜,横浜市)
[34]  山形 英輝, 木谷 友哉, 西岡 哲朗, ``東京都心部と郊外における走行車両の公衆無線LANアクセスポイントとの遭遇頻度の基礎調査,'' 第22回 マルチメディア通信と分散処理ワークショップ (DPSWS2014) 講演論文集, pp. 224-230, December 2014. (出雲・玉造温泉 ホテル玉泉(島根県松江市))
[35]  杉浦 健介, 木谷 友哉, ``日本および東南アジア諸国における人の流れデータからの二輪車特有の移動特性の抽出に関する研究,'' 人の流れ研究会拡大版(第10回), 未刊行, July 2014. (東京大学駒場第IIキャンパス 生産技術研究所)
[36]  山形 英輝, 木谷 友哉, ``車両と公衆無線LANアクセスポイントの通信可能性に関する研究,'' 人の流れ研究会拡大版(第10回), 未刊行, July 2014. (東京大学駒場第IIキャンパス 生産技術研究所)
[37]  木谷 友哉, 久保田 恭輔, 高田 宏輝, 神村 吏, ``二輪車の車体運動解析および二輪車による道路路面調査のためのセンシング機器の設計と試作,'' 情報処理学会 マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO2014)シンポジウム論文集, pp. 36-43, July 2014. (月岡温泉 ホテル泉慶(新潟県新発田市))
[38]  神村 吏, 木谷 友哉, ``SVMを用いた二輪車の運転挙動分類の基礎検討,'' 情報処理学会 マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO2014)シンポジウム論文集, pp. 44-52, July 2014. (月岡温泉 ホテル泉慶(新潟県新発田市))
[39]  西岡 哲朗, 木谷 友哉, 太田 剛, 峰野 博史, ``モバイルデータオフローディングプロトコル(MDOP)の提案,'' 情報処理学会 マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO2014)シンポジウム論文集, pp. 613-620, July 2014. (月岡温泉 ホテル泉慶(新潟県新発田市))
[40]  池田 泰央, 羽多野 裕之, 藤井 雅弘, 伊藤 篤, 渡辺 裕, 木谷 友哉, 青木 徹, 大西 博信, ``GPSにおける観測衛星数減少時のための位置推定手法に関する研究,'' 電子情報通信学会信学技報, vol. 114, no. 169, pp. 23-28, July 2014.
[41]  西岡 哲朗, 木谷 友哉, 太田 剛, 峰野 博史 , ``VANETによるモバイルデータ3Dオフローディングの提案 ,'' 情報処理学会研究報告, vol. 2013-DPS-157, no. 9, pp. 1-6, October 2013.
[42]  神村 吏, 木谷 友哉 , ``位置情報を用いた二輪車モーションセンシングデータへの正解データ自動ラベリング手法の一提案 ,'' 情報処理学会研究報告, vol. 2013-DPS-157, no. 6, pp. 1-6, October 2013.
[43]  松尾 真也, 孫 為華, 柴田 直樹, 木谷 友哉, 伊藤 実 , ``BalloonNet:災害復旧のための建物包囲型無線ネットワークノード配置法 ,'' 情報処理学会研究報告, vol. 2013-DPS-157, no. 2, pp. 1-8, October 2013.
[44]  木谷 友哉, 澤 悠太, 柴田 直樹, 安本 慶一, 伊藤 実 , ``運転者に対する交通安全支援のための指向性アンテナおよび車車間通信を用いた歩行者の位置推定手法 ,'' 情報処理学会研究報告, vol. 2013-MPS-95, no. 7, pp. 1-6, September 2013.
[45]  羽多野裕之, 木谷友哉, 藤井雅弘, 渡辺裕, 大西博信, ``利用衛星数の低減を目指した自位置推定アルゴリズムの検討,'' 電子情報通信学会技術研究報告(ITS), vol. 113, no. 199, pp. 39-44, September 2013.
[46]  木谷 友哉, 羽多野 裕之, ``GNSSにおける擬似距離残差情報を元にした測位確度向上手法および近隣の端末との協調による測位精度向上,'' 電子情報通信学会信学技報, vol. 113, no. 165, pp. 7-12, July 2013.
[47]  木谷 友哉, ``BikeInformatics:情報科学的二輪車ITSの基盤研究,'' 情報処理学会 マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO2013)シンポジウム論文集, p. 1517 - 1524, July 2013.
[48]  木谷 友哉, 羽多野 裕之 , ``GPS測位における近隣の端末との協調による測位精度向上手法 ,'' 情報処理学会研究報告, vol. 2013-ITS-52, no. 3, pp. 1-7, March 2013.
[49]  平尾 駿, 羽多野 裕之, 木谷 友哉, ``2台の近接したGPS受信機における受信衛星の相関性の評価,'' 電子情報通信学会 2013年総合大会講演論文集 , no. A-17-16, March 2013.
[50]  宮澤 彰人, 木谷 友哉, 神村 吏, 塩見 彰睦, ``二輪車向け車体運動センシングシステムの試作,'' 第20回 マルチメディア通信と分散処理ワークショップ (DPSWS2012) 講演論文集, pp. 102--107, October 2012. (ホテル奥道後, 愛媛県松山市)
[51]  神村 吏, 木谷 友哉, 渡辺 尚, ``スマートフォン搭載センサを使用した二輪車車両挙動把握システムの提案,'' 情報処理学会 マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO2012)シンポジウム論文集, pp. 1352-1360, July 2012.
[52]  松尾 真也, 木谷 友哉, 柴田 直樹, 孫 為華, 伊藤 実, ``災害時における建物包囲型アドホック通信ノード配置手法の提案,'' 情報処理学会 マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO2012)シンポジウム論文集, pp. 1137--1144, July 2012.
[53]  木谷 友哉, 羽多野 裕之, 大西 博信, 平尾 駿, ``近隣端末との誤差情報の共有によるGPS測位精度向上手法の検討,'' 情報処理学会研究報告, vol. 2012-ITS-49, no. 2 , pp. 1-6, June 2012.
[54]  神村 吏, 木谷 友哉, 渡辺 尚, ``二輪車向け車々間通信を実現するためのスマートフォンによる二輪車の車両挙動収集システムの考案,'' 情報処理学会全国大会講演論文集, vol. 74, no. 3, pp. 3485-3486, March 2012.
[55]  神村 吏, 木谷 友哉, 渡辺 尚, ``スマートフォン搭載の加速度センサ,ジャイロセンサを使用した二輪車の挙動収集,'' 情報処理学会研究報告, vol. 2012-ITS-48, no. 2, pp. 1-8, March 2012.
[56]  青木 勇太, 木谷 友哉, 萬代 雅希, 渡辺 尚, ``スマートアンテナのビーム幅と送信電力の適応的な制御方法について,'' 情報処理学会 マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO2011)シンポジウム論文集, pp. 244-254, July 2011.
[57]  玉置 健太, Ari Raptino H., 木谷 友哉, 萬代 雅希, 渡辺 尚, ``複数周波数帯を利用するアドホックネットワークの通信方式について,'' 情報処理学会 マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO2011)シンポジウム論文集, pp. 263-270, July 2011.
[58]  木谷 友哉, ``経路設定情報を利用した車車間メッセージルーティングプロトコルの性能解析,'' 情報処理学会 マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO2011)シンポジウム論文集, pp. 620-627, July 2011.
[59]  河合 佑介, 李 烏雲格日楽, 木谷 友哉, 萬代 雅希, 渡辺 尚, ``無線センサネットワークにおけるデータ集約方式に関する考察,'' 情報処理学会 マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO2011)シンポジウム論文集, pp. 871-877, July 2011.
[60]  玉置 健太,Ari Raptino H.,木谷 友哉,萬代 雅希,渡辺 尚, ``マルチバンダーを用いたマルチホップ通信プロトコルについて,'' 情報処理学会第73回全国大会講演論文集, no. 2V-5, March 2011. (東京工業大学(東京都目黒区))
[61]  青木 勇太,木谷 友哉,萬代 雅希,渡辺 尚, ``アドホックネットワークにおけるスマートアンテナ制御の効果について,'' 情報処理学会第73回全国大会講演論文集, no. 2V-7, March 2011. (東京工業大学(東京都目黒区))
[62]  河合 佑介,李 烏雲格日楽,木谷 友哉,萬代 雅希,渡辺 尚, ``無線センサネットワークにおけるデータ集約方式の省電力化効果と遅延について,'' 情報処理学会第73回全国大会講演論文集, no. 2W-3, March 2011. (東京工業大学(東京都目黒区))
[63]  千葉 義人,吉田 将也,木谷 友哉,萬代 雅希,渡辺 尚, ``無線センサネットワークにおけるエナジーハーベストの有効性に関する考察,'' 情報処理学会第73回全国大会講演論文集, no. 3V-1, March 2011. (東京工業大学(東京都目黒区))
[64]  河合 佑介, 李 烏雲格日楽, 木谷 友哉, 萬代 雅希, 渡辺 尚, ``無線センサーネットワークにおけるデータ集約方式による省電力効果と遅延について,'' 電子情報通信学会総合大会講演論文集 , vol. 2011, no. B-20-28, March 2011. (震災のため中止(東京都市大))
[65]  青木 勇太,木谷 友哉,萬代 雅希,渡辺 尚, ``アドホックネットワークにおけるスマートアンテナのビーム制御効果について,'' 電子情報通信学会総合大会講演論文集, vol. 2011, no. B-21-11, March 2011. (震災のため中止(東京都市大))
[66]  玉置 健太,Ari Raptino H.,木谷 友哉,萬代 雅希,渡辺 尚, ``複数周波数帯域を利用するマルチホッププロトコルについて,'' 電子情報通信学会総合大会講演論文集, vol. 2011, no. B-21-17, March 2011. (震災のため中止(東京都市大))
[67]  木谷 友哉, ``VANETにおける経路設定情報を利用したメッセージルーティングプロトコルの一考察,'' 情報処理学会研究報告, vol. 2011-ITS-44, no. 11, pp. 1-4, March 2011.
[68]  木谷 友哉, ``移動予定経路情報を利用可能なVANETでの時間軸を追加した接続性グラフの構築,'' 第18回 マルチメディア通信と分散処理ワークショップ (DPSWS2010) 講演論文集, pp. 73-74, October 2010. (ポスター, 青島サンクマール(宮崎県日南海岸))
[69]  吉田 将也, 木谷 友哉, 萬代 雅希, 渡辺 尚, ``環境発電によって電力供給を行うセンサネットワークでのデータ収集方式,'' 情報処理学会 マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO2010)シンポジウム論文集, pp. 1037-1048, July 2010.
[70]  中村 正人, 木谷 友哉, 孫 為華, 柴田 直樹, 安本 慶一, 伊藤 実, ``VANETにおける車両の経路情報を利用した情報伝播プロトコルの提案と評価,'' 情報処理学会研究報告, vol. 2010-ITS-40, no. 6, pp. 1-8, March 2010. (和歌山ビッグ愛(和歌山市))
[71]  小谷 和也, 孫 為華, 木谷 友哉, 柴田 直樹, 安本 慶一, 伊藤 実, ``リクエストに応じた交差点映像配信を目的とした車車間通信プロトコルの提案と評価,'' 情報処理学会研究報告, vol. 2010-ITS-40, no. 7, pp. 1-8, March 2010. (和歌山ビッグ愛(和歌山市))
[72]  吉田 将也, 木谷 友哉, 萬代 雅希, 渡辺 尚, ``電力供給が不安定なセンサネットワークにおけるデータ収集効率向上手法の検討,'' 電子情報通信学会総合大会講演論文集 , vol. 2010, no. B-6-113, March 2010. (東北大学(仙台市))
[73]  吉田 将也, 木谷 友哉, 萬代 雅希, 渡辺 尚, ``エナジーハーベストを用いたセンサネットワークにおけるデータ収集方式,'' 情報処理学会創立50周年記念全国大会講演論文集, no. 1ZB-9, March 2010. (東京大学(東京都文京区))
[74]  吉田 将也, 木谷 友哉, 萬代 雅希, 渡辺 尚, ``エナジーハーベストを用いたセンサネットワークにおける冗長データ収集について,'' 電子情報通信学会技術研究報告, vol. 109, no. 381, pp. 113-118, January 2010. (アクトシティ浜松(浜松市))
[75]  小谷 和也, 中村 正人, 木谷 友哉, 孫 為華, 柴田 直樹, 安本 慶一, 伊藤 実, ``複数のカメラ映像の合成によるリアルタイム鳥瞰映像提示システム,'' 第17回マルチメディア通信と分散処理ワークショップ (DPSWS-17) 論文集, pp. 109-110, October 2009. (ポスター, 層雲峡温泉(北海道上川町))
[76]  中村 正人, 木谷 友哉, 孫 為華, 柴田 直樹, 安本 慶一, 伊藤 実, ``予定経路情報を用いた車車間情報配送効率の改善,'' 第17回マルチメディア通信と分散処理ワークショップ (DPSWS-17) 論文集, pp. 129-134 , October 2009. (層雲峡温泉(北海道上川町))
[77]  小谷 和也, 孫 為華, 木谷 友哉, 柴田 直樹, 安本 慶一, 伊藤 実, ``交差点映像の協調撮影と共有を目的とした車車間通信プロトコル,'' 第17回マルチメディア通信と分散処理ワークショップ (DPSWS-17) 論文集, pp. 135--140, October 2009. (学生最優秀論文賞受賞, 層雲峡温泉(北海道上川町) )
[78]  高田 悠, 萬代 雅希, 木谷 友哉, 渡辺 尚 , ``移動シンクを用いた協調型データ蓄積方式,'' 電子情報通信学会技術研究報告, vol. 109, no. 228, pp. 127-132, October 2009.
[79]  高田 悠, 萬代 雅希, 木谷 友哉, 渡辺 尚, ``移動シンクを利用した協調型データ蓄積方式について,'' 情報処理学会 マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO2009)シンポジウム論文集, pp. 1592-1603, July 2009. (別府温泉(大分市))
[80]  Asaad Ahmed, Keiichi Yasumoto, Naoki Shibata, Tomoya Kitani, and Minoru Ito, ``DASR: Distributed Adaptive Service Replication for Manets,'' In 情報処理学会 マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO2009)シンポジウム論文集, pp. 823-835, July 2009. (別府温泉(大分市))
[81]  神山 直也, 木谷 友哉, 柴田 直樹, 安本 慶一, 伊藤 実, ``嗜好の異なる複数ユーザを対象としたスマートスペースのデバイス制御法,'' 情報処理学会 マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO2009)シンポジウム論文集, pp. 1508-1515, July 2009. (別府温泉(大分市))
[82]  木谷 友哉, 中村 嘉隆 , ``遅延状況を考慮した構造型 P2P オーバレイネットワーク構築法,'' 情報処理学会研究報告, vol. 2009-DPS-139, no. 3, pp. 1-6, June 2009.
[83]  孫 為華, 木谷 友哉, 柴田 直樹, 安本 慶一, ``被災地における DTN に基づいた情報収集・共有方式の提案,'' 情報処理学会研究報告, vol. 2009, no. 20, pp. 61-66, March 2009. (東海大学熊本(熊本市))
[84]  小谷 和也, 孫 為華, 木谷 友哉, 柴田 直樹, 安本 慶一, 伊藤 実, ``車車間通信による交差点鳥瞰映像ストリーミング手法の提案,'' 情報処理学会研究報告, vol. 2009, no. 24, pp. 39-45, March 2009. (東北大学(仙台市))
[85]  澤 悠太, 木谷 友哉, 柴田 直樹, 安本 慶一, 伊藤 実, ``指向性アンテナおよび車車間通信を用いた歩行者位置追跡手法とその評価,'' 情報処理学会研究報告, vol. 2009, no. 24, pp. 31-38, March 2009. (平成21年情報処理学会高度交通システム(ITS)研究会優秀論文賞受賞, 東北大学(仙台市))
[86]  中村 正人, 木谷 友哉, 孫 為華, 柴田 直樹, 安本 慶一, 伊藤 実, ``各車両の予定経路情報を利用した車車間通信による情報取得手法の提案,'' 情報処理学会研究報告, vol. 2009, no. 24, pp. 23-29, March 2009. (東北大学(仙台市))
[87]  木谷 友哉, 谷口 義明, ``落下挙動を切替可能なセンサ端末とその空中散布法の一検討,'' 電子情報通信学会技術研究報告, vol. 108, no. 457, pp. 499-504, March 2009. (残波岬(沖縄県読谷村))
[88]  清川 皓太, 神山 直也, 山本 眞也, 木谷 友哉, 柴田 直樹, 安本 慶一, 伊藤 実, ``スマートホーム設計開発支援システムUbiREAL,'' 情報処理学会 第16回マルチメディア通信と分散処理ワークショップ(DPSWS-16)論文集, pp. 237-238 , December 2008. (ポスター, 特別セッション賞受賞, 萩本陣(山口県萩市))
[89]  木谷 友哉, 中村 嘉隆, ``ノードの地理情報を考慮した遅延の小さな構造型P2Pオーバレイネットワークの構築法,'' 情報処理学会 第16回マルチメディア通信と分散処理ワークショップ(DPSWS-16)論文集, pp. 139-144 , December 2008. (ポスター, 萩本陣(山口県萩市))
[90]  澤 悠太, 木谷 友哉, 柴田 直樹, 安本 慶一, 伊藤 実, ``車車間通信を用いた歩行者位置推定の高精度化方式とその評価,'' 情報処理学会関西支部支部大会講演論文集, vol. 2008, pp. 333-336, October 2008. (京都リサーチパーク(京都市))
[91]  Asaad Ahmed, Keiichi Yasumoto, Naoki Shibata, Tomoya Kitani, and Minoru Ito, ``Two-Layer Distributed Service Placement Method on Mobile Ad-Hoc Networks,'' In 情報処理学会研究報告, vol. 2008, no. 94, pp. 41-48, September 2008. (東京理科大(東京都新宿区))
[92]  澤 悠太, 木谷 友哉, 柴田 直樹, 安本 慶一, 伊藤 実, ``指向性アンテナを搭載した複数車両の協調による歩行者位置検出方式,'' 情報処理学会 マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO2008)シンポジウム論文集, pp. 862-871, July 2008. (定山渓温泉(札幌市))
[93]  西 圭祐, 木谷 友哉, 中田 明夫, 東野 輝夫, ``再構成オーバヘッドを考慮した動的再構成可能プロセッサへの実時間タスク群分割実装アルゴリズムの提案,'' 情報処理学会研究報告, vol. 2008, no. 32, pp. 179-184, March 2008. (屋久島 環境文化村センター(鹿児島県屋久島町))
[94]  林 由堃, 山本 眞也, 玉井 森彦, 木谷 友哉, 柴田 直樹, 安本 慶一, 伊藤 実, ``多数の情報家電を仮想空間を介して遠隔操作するフレームワークの提案,'' 情報処理学会研究報告, vol. 2008, no. 18, pp. 9-16, March 2008. (慶應義塾大学(東京都港区))
[95]  林 大輔, 村井 渉, 中田 明夫, 木谷 友哉, 安本 慶一, 東野 輝夫, ``ネットワークオンチップにおける回路面積と配線コストを考慮したチップ内通信構造最適化の一手法,'' 電子情報通信学会技術研究報告, vol. 107, no. 333, pp. 1-6, November 2007. (北九州国際会議場(北九州市))
[96]  黒岩 将, 村田 佳洋, 木谷 友哉, 伊藤 実, ``対話型進化計算に基づく「合コン」のモデル化とコンピュータ・シミュレーションによる評価,'' 日本ソフトウエア科学会大会講演論文集, September 2007. (奈良先端科学技術大学院大学(奈良県生駒市))
[97]  木谷 友哉, 寺内 隆志, 柴田 直樹, 安本 慶一, 東野 輝夫, 伊藤 実, ``車車間通信を用いた渋滞情報収集と目的地への到着時刻予測手法の提案,'' 情報処理学会 マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO2007)シンポジウム論文集, pp. 88-95, July 2007. (戸田屋(三重県鳥羽市))
[98]  木谷 友哉, 舩曵 信生, 東野 輝夫, ``メッシュ型物理トポロジのマルチホップWDMネットワークでの階層型コーダルリングネットワーク構築法の検討,'' 電子情報通信学会技術研究報告, vol. 107, no. 36, pp. 7-12, May 2007. (大阪大学(大阪府吹田市))
[99]  木谷 友哉, 中橋 亮, 中田 明夫, 安本 慶一, 東野 輝夫, ``動的リコンフィギャラブルプロセッサへの時間制約付き機能モジュール群分割アルゴリズムの検討,'' 情報処理学会研究報告, vol. 2007, no. 27, pp. 47-52, March 2007. (広島市立大学(広島市))
[100]  村井 渉, 林 大輔, 中田 明夫, 木谷 友哉, 安本 慶一, 東野 輝夫, ``チップ内ネットワークの性能要求検証および最適化のための一手法,'' 情報処理学会研究報告, vol. 2007, no. 27, pp. 25-30, March 2007. (広島市立大学(広島市))
[101]  中橋 亮, 木谷 友哉, 安本 慶一, 中田 明夫, 東野 輝夫, ``ユビキタスシステムを動的リコンフィギャラブルプロセッサ上へ実装するためのシステム分割アルゴリズムの提案,'' 情報処理学会 マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO2006)シンポジウム論文集, pp. 889-892, July 2006. (琴平温泉(香川県琴平町))
[102]  新川 崇, 寺内 隆志, 木谷 友哉, 柴田 直樹, 安本 慶一, 東野 輝夫, 伊藤 実, ``車車間通信を用いた渋滞情報収集システムにおける情報伝播方法の改善,'' 情報処理学会 マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO2006)シンポジウム論文集, pp. 225-228, July 2006. (琴平温泉(香川県琴平町))
[103]  西川 博志, 山本 眞也, 玉井 森彦, 西垣 弘二, 木谷 友哉, 柴田 直樹, 安本 慶一, 伊藤 実, ``スマートスペースシミュレータUbiREALの提案,'' 情報処理学会 マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO2006)シンポジウム論文集, pp. 945-948, July 2006. (琴平温泉(香川県琴平町))
[104]  木谷 友哉, 中村 嘉隆, 木村 旭, 山口 弘純, 中田 明夫, 東野 輝夫, ``動的な多重帰属制御を実現するポリシーに基づいた VPN 分散管理手法の提案,'' 情報処理学会 マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO2006)シンポジウム論文集, pp. 721-724, July 2006. (琴平温泉(香川県琴平町))
[105]  木谷 友哉, 舩曵 信生, 東野 輝夫, ``トポロジの多重化によりトラヒック分散を実現した階層型論理トポロジの構成法とそのルーティングアルゴリズム,'' 電子情報通信学会技術研究報告, vol. 106, no. 117, pp. 13-16, June 2006. ([奨励講演], 岩手県立大学(岩手県滝沢村))
[106]  西川 博志, 山本 眞也, 玉井 森彦, 西垣 弘二, 木谷 友哉, 柴田 直樹, 安本 慶一, 伊藤 実, ``系統的なテストを可能にするユビキタスアプリケーションシミュレータの提案,'' 情報処理学会研究報告, vol. 2006, no. 14, pp. 239-244, February 2006. (はこだて未来大学(函館市))
[107]  木谷 友哉, 舩曵 信生, 東野 輝夫, ``階層型コーダルリングネットワークにおけるコンパクトルーティングアルゴリズム,'' 電子情報通信学会技術研究報告, vol. 105, no. 470, pp. 49-56, December 2005. (愛媛大学(松山市))
[108]  中橋 亮, 木谷 友哉, 安本 慶一, 中田 明夫, 東野 輝夫, ``リアルタイム組込みシステムの動的再構成可能プロセッサへの一実装方法の提案,'' 電子情報通信学会技術研究報告, vol. 105, no. 450, pp. 31-35, November 2005. (北九州国際会議場(北九州市))
[109]  木谷 友哉, 舩曵 信生, 東野 輝夫, ``マルチホップ WDM ネットワークにおけるトラヒック分散のための静的トポロジ構成法の改善,'' 電子情報通信学会技術研究報告, vol. 105, no. 195, pp. 61-64, July 2005. (岡山大学(岡山市))
[110]  木谷 友哉, 舩曵 信生, 東野 輝夫, ``WDMネットワークでの階層型コーダルリングトポロジ構成法の提案,'' 情報処理学会 マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO2004)シンポジウム論文集, pp. 17-20, July 2004. (雲仙温泉(長崎県雲仙市))
[111]  高本 佳史, 木谷 友哉, 安本 慶一, 中田 明夫, 東野 輝夫, ``実時間通信システムに対する高信頼ハードウェア合成手法の提案,'' 情報処理学会研究報告, vol. 2003, no. 120, pp. 61-66, November 2003. (北九州国際会議場(北九州市))
[112]  木谷 友哉, 高本 佳史, 安本 慶一, 中田 明夫, 東野 輝夫, ``並行周期EFSM群でモデル化されたQoSルータの高信頼性設計の一手法,'' 情報処理学会研究報告, vol. 2003, no. 34, pp. 13-18, March 2003. (NTTドコモR&Dセンタ(神奈川県横須賀市))
[113]  木谷 友哉, 松尾 賢一, ``情景画像からの文字領域の検出を緩和する手法の提案,'' 電子情報通信学会関西支部学生会 第5回学生会研究発表講演会 講演論文集, p. D-8, March 2000. (立命館大学(滋賀県草津市))
解説
[1]  木谷 友哉, ``1センチ・リアルタイム測位の応用 (2) 人間・トレーサ,'' トランジスタ技術, vol. 2018, no. 1, pp. 46-49, January 2018.
[2]  木谷 友哉, ``1センチ・リアルタイム測位の応用 (4) バイク・トレーサ,'' トランジスタ技術, vol. 2018, no. 1, pp. 53-57, January 2018.
[3]  木谷 友哉, ``私のオープンRTK基準局,'' トランジスタ技術, vol. 2018, no. 1, pp. 82-84, January 2018.
受賞
[1]  木谷 友哉, 羽多野 裕之, 平成25年 優秀論文賞, 情報処理学会 高度交通システム(ITS)研究会, 情報処理学会 高度交通システム(ITS)研究会, 2014.
[2]  宮澤 彰人, 木谷 友哉, 神村 吏, 塩見 彰睦, 優秀デモンストレーション賞, 第20回 マルチメディア通信と分散処理ワークショップ (DPSWS2012) , 第20回 マルチメディア通信と分散処理ワークショップ (DPSWS2012) , 2012.
[3]  木谷 友哉, ベストカンバーサント賞, 情報処理学会 マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO2012)シンポジウム, 情報処理学会 マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO2012)シンポジウム, 2012.
[4]  木谷 友哉, 平成22年度山下記念研究賞, 情報処理学会, 情報処理学会, 2011.
[5]  木谷 友哉, ベストポスター賞, 第18回マルチメディア通信と分散処理ワークショップ (DPSWS2010), 情報処理学会, 2010.
[6]  澤 悠太, 木谷 友哉, 柴田 直樹, 安本 慶一, 伊藤 実, 平成21年 優秀論文賞, 情報処理学会 高度交通システム(ITS)研究会, 情報処理学会 高度交通システム(ITS)研究会, 2010.
[7]  小谷 和也, 孫 為華, 木谷 友哉, 柴田 直樹, 安本 慶一, 伊藤 実, 学生優秀論文賞, 情報処理学会 第17回マルチメディア通信と分散処理ワークショップ (DPSWS-17), 情報処理学会 第17回マルチメディア通信と分散処理ワークショップ (DPSWS-17), 2009.
[8]  清川 皓太, 神山 直也, 山本 眞也, 木谷 友哉, 柴田 直樹, 安本 慶一, 伊藤 実, 特別セッション賞, 情報処理学会 第16回マルチメディア通信と分散処理ワークショップ (DPSWS-16), 情報処理学会 第16回マルチメディア通信と分散処理ワークショップ (DPSWS-16), 2008.
[9]  木谷 友哉, 舩曵 信生, 東野 輝夫, 優秀論文賞, 情報処理学会 マルチメディア,分散,協調とモバイル (DICOMO2004) シンポジウム, 情報処理学会 マルチメディア,分散,協調とモバイル (DICOMO2004) シンポジウム, 2004.
[10]  木谷 友哉, ヤングリサーチャー賞, 情報処理学会 マルチメディア,分散,協調とモバイル (DICOMO2004) シンポジウム, 情報処理学会 マルチメディア,分散,協調とモバイル (DICOMO2004) シンポジウム, 2004.
その他
[1]  峰野 博史, 木谷 友哉, 孫 為華 , ``国際会議CCNC 2010参加報告,'' 情報処理学会研究報告, vol. 2010-MBL-52, no. 7, p. 1, January 2010.
[2]  木谷 友哉, ``UbiComp2006参加報告,'' 情報処理学会研究報告, vol. 2006, no. 123, p. A7-A10, November 2006.

This site is maintained by Tomoya Kitani.

PMAN 2.5.6 - Paper MANagement system / (C) 2002-2008, Osamu Mizuno / All rights reserved.