技術書展13 木谷研オフラインレポート

技術書典とは

技術書典のウェブサイトによると、技術書典とは、「技術書典とは技術書のイベントで、広く技術のことについて知れるお祭りです。」とのことです。

このように、技術書典では幅広い技術を持った人間が集うイベントです。

我々の書籍はここで買えます!

技術書展13の公式イメージ画像は下記のようなものです。

図1 公式イメージ画像(https://techbookfest.org/event/tbf13より)

 

木谷研の出店

今回木谷研が出店をする大きな理由は二つあります。

  1. 編集を通して、研究室全体で知識を得るため、技術力を上げるため
  2. 木谷研究室の広報活動のため

以上の二点が大きな目標になっています。

僕としては、営利活動をしたいのですが国立大学でそれはまずい。

1、2ともに今回の出店では達成できたと思われます。

後述するオフライン売買会では、木谷研やGNSSについて興味を持つ人間も多く非常に嬉しいものでした。

 

オフラインレポート

オフライン売買会は2022/09/11 (日)、東京池袋サンシャインシティ 展示ホールDにて行われました。

到着後実際に入ってみると…

図2 技術書展の光景

結構広い。ブースをざっと見た限り80以上のサークルが参加していました。

そして、結構人も来ていましたね。どうやら公式曰く1600人を超えたようです。

 

到着次第、ひとまず設営を始めました。

図3 木谷研のブース

製本が間に合わなかったのんですが、中々良いブース展示ではないでしょうか?

今回PCで、ログデータを再生していたのですが、やはり実物で動くものがあると良いと思うんですよね。

 

開始後の掴みもいい感じでした。

お仕事で使用したい人、無線通信が趣味な人、ドローンに興味がある人、GNSSに興味がある人、技術に興味がある人など様々な人から好評をいただきました。

その中で、静岡大学や木谷研の看板を背負ってるんだなあということをひしひしと感じました。

そう考えると、もう少し編集内容に責任を持つべきだったと思いました。

 


 

___無事に撤収が終わり、サブウェイを食べました。

都会の味、しましたね。

図4 サブウェイ(浜松市にサブウェイは存在しない)

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。