International Workshop on Informatics (IWIN2014)

木谷教員が,International Workshop on Informatics (IWIN2014) に参加し,以下の発表を行ってきました.

  • Tomoya Kitani, Hiroyuki Hatano, Masahiro Fujii, Atsushi Ito, and Yu Watanabe, “A cooperative GPS/GNSS positioning method with neighboring receivers,” Proceedings of International Workshop on Informatics (IWIN2014), pp. 145-153, September 2014.

(2014.10.24追記)
上記の論文が Best Paper Award を受賞しました.

第1回木谷研究室夏合宿(静岡大学 朝霧施設)

2014年8月29日(金)~30日(土)の2日間,富士山の麓にある本学の合宿施設,朝霧施設にて,木谷研究室の初合宿を行いました.

木谷教員,M2学生1名,B4学生2名,B3学生3名が参加しました.

学部3年生による夏休みの課題発表を行いました.
_IGP4515

その後は,みんなで野外で焼き肉を楽しみました.(安いからって豚肉ばっかりはダメ,燃えすぎる.)
_IGP4525

真っ暗な中,燃える炭を囲みながらゆったりした時間を過ごしました.(でもデザートがないのはダメ,次回は梨か柿を.)
_IGP4534

夜中の懇親会では壁スクリーンで,木谷教員が好き勝手にプレゼンしました.
_IGP4537

1年目にしては非常に充実した合宿でした.
次の合宿も楽しみです.
_IGP4539

次回,朝霧施設を使う場合へのメモ:
シャワー室の排水溝を事前に確認しましょう.

人の流れ研究会拡大版(第10回)

木谷教員,B4杉浦君,山形君が,人の流れ研究会拡大版(第10回)に参加し,以下の研究内容についてライトニングトークとポスター発表を行ってきました.
場所は,東京大学駒場第IIキャンパス 生産技術研究所でした.

  • 杉浦 健介, 木谷 友哉, “日本および東南アジア諸国における人の流れデータからの二輪車特有の移動特性の抽出に関する研究,” 人の流れ研究会拡大版(第10回), July 2014.
  • 山形 英輝, 木谷 友哉, “車両と公衆無線LANアクセスポイントの通信可能性に関する研究,” 人の流れ研究会拡大版(第10回), July 2014.

情報処理学会 マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO2014)シンポジウム

木谷教員,M2神村君,M1西岡君が,情報処理学会 マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO2014)シンポジウムに参加し,以下の発表を行ってきました.

  • 木谷 友哉, 久保田 恭輔, 高田 宏輝, 神村 吏, “二輪車の車体運動解析および二輪車による道路路面調査のためのセンシング機器の設計と試作,” 情報処理学会 マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO2014)シンポジウム論文集, pp. 36-43, July 2014.
  • 神村 吏, 木谷 友哉, “SVMを用いた二輪車の運転挙動分類の基礎検討,” 情報処理学会 マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO2014)シンポジウム論文集, pp. 44-52, July 2014.
  • 西岡 哲朗, 木谷 友哉, 太田 剛, 峰野 博史, “モバイルデータオフローディングプロトコル(MDOP)の提案,” 情報処理学会 マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO2014)シンポジウム論文集, pp. 613-620, July 2014.

西岡君が,上記の発表についてヤングリサーチャー賞を受賞しました.

(追加)告知:2014年度情報学応用論受講者向け研究室紹介

木谷研では情報学応用論を受講している学生向けに以下の日程で研究室紹介を行います.
応用論の受講者でない学生も歓迎しますが,混雑した場合は受講している学生を優先します.

第1回は,2014年7月3日(木)12:45~13:55に行います.情報学部1号館4階のJ1410号室に集まってください.
J1410号室にずっと居るわけではありませんので,途中から合流する人は注意して下さい.
第1部を12:45~,第2部を13:20~としますので,その時間にはJ1410号室で合流できます.
木谷研に興味がある人はできるだけこの日に見学してください.

2014年7月4日(金)11:00~,12:00~,7月7日(月)12:00~の分を追加します.
もちろん木谷が説明します.7月3日に来られない学生は,この時間に来てくれてもOKです.

第2回は,2014年7月10日(木)12:45~14:15に行います.
ただし,木谷教員は出張中ですので主に学部4年生が対応します.
研究紹介は十分できませんが,教員抜きで所属学生から研究室の雰囲気を直接聞けるいい機会かもしれません.

CS系の研究室ですが,ISの学生も歓迎しています.できることはたくさんあります.
また,別に面と向かっての議論が苦手でも,メールベースやチャットなどで議論ができて,研究を一緒に進めてくれるなら全く問題ありません.

見学に来てくれることを楽しみにしています.

FAQ
Q1. 木谷研で研究するのにバイクの免許は必要ですか?
A1. あれば楽しいと思いますが別になくても困りません.ただ興味がある場合はこの機会に取ってみるのもいいのではないでしょうか.

Q2. バイクを購入しないといけませんか?
A2. そんなことないですよ!実験用の原付バイクがあります.被験者になってもらうかもしれません.

Q3. バイクはバイクでも自転車の研究がしたいです.
A3. なぜ Motoinformatics ではなくて Bikeinformatics と名付けたのかを考えると....

CIMG2898

2014 IEEE International Conference on Consumer Electronics – Taiwan

木谷教員が台湾・台北市の台北師範大学で行われた2014 IEEE International Conference on Consumer Electronics – Taiwanに参加し,以下の発表を行ってきました.

  • Tsukasa Kamimura, Tomoya Kitani, and Daniel L. Kovacs, “Automatic Classification of Motorcycle Motion Sensing Data,” Proceedings of 2014 IEEE International Conference on Consumer Electronics – Taiwan (2014 IEEE ICCE-TW), pp. 145-146, May 2014.

CIMG2910

CIMG2898CIMG2902

CIMG2925CIMG3049

Bikeinformatics photo 2012-2013

First Experiment at a large parking lot near our university with a scooter and a smartphone (2012.01.13)
IMG_0729

Preparing to conduct a long journey experiment (2012.07.31)
IMG_1038IMG_1039IMG_1043IMG_1042IMG_1041

Bikeinformatics Sensor Unit ver. 1 on a mini scooter (2012.10.27)
IMG_1623IMG_1627IMG_1626

Bikeinformatics Sensor Unit ver. 1 on a sport bike (2013.07.05)
IMG_2502IMG_2505IMG_2506IMG_2515IMG_1006

BMD2013 (2013.11.10-11.13)
For BMD2013 web site
For BMD2013 web site

Bringing a motorcycle with sensors to BMD2013 (2013.11.09)
Bringing a motorcycle with sensors to BMD2013

At BMD2013 exhibition
IMG_2983IMG_2986

IMG_2984BMD2013exhibitionIMG_2992